島村楽器 イオンモール春日部店 シマブロ

島村楽器 イオンモール春日部店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ケリー・サイモン 超絶ギタリスト養成セミナーが開催されました!

こんにちは!!!
島村楽器春日部店のお祭り男こと齋藤です!
6月に入り、関東地方も梅雨入りしましたね。
皆さんの楽器の状態はどうですか?
湿気の多い季節ですので、保管にも気をつけたいですね!
さて、本日は、先日行われたケリー・サイモン氏による超絶ギタリスト養成セミナーについて書こうと思います!
皆さん知っている方も多いと思いますが、まずはケリーさんのプロフィールを載せておきますね。

プロフィール

Kelly SIMONZ(ケリー・サイモン)

画像

1970年7月1日大阪生まれ。14歳でギターを始めて、わずか3年でラウドネスのオープニング・アクトに抜擢される。高校卒業後にハリウッドの音楽学校 MIに入学。ジャズ・フュージョンのトップ・クラスでギターを学ぶかたわら、ローカル・バンドでの活動やジャム・セッションを重ねる。卒業後には自身のバンドを結成し、さらにアメリカ東部に拠点を移してセッション・ワークやロ ーカル・バンド活動を行なった。

活動拠点を日本に移すと、1998年に自主制作アルバム『Sign Of The Times』をリリース(1年間で約6,000枚をセールスす る)。翌年ソロ名義の『Silent Scream』でメジャー・デビューを果たし、同作はハード・ロック専門誌の売り上げチャートで1位を記録する。

2002年には “Kelly Simonz’s Blind Faith”名義の2ndアルバム『The Rule Of Right」を発表すると同時に、フィンランドの“LION MUSIC”とアルバム契約を交わして世界リリースが決定。その後、グレン・ヒューズとジョー・リン・ターナーによる“ヒューズ・ターナー・プロジェクト”のオープニング・アクトとしてヨーロッパ全土11ヵ国に及ぶツアーを敢行して、海外でも高い評価を得る。

2003年よりESP/MIジャパンの特別講師に就任。現在では、ソロ・ワークや若手ギタリストの育成と並行して、メロディック・デス・メタル・バンド “Scarlet Garden”やセッション・ワークなど“ハイパー・マルチ・ミュージシャン”と言える幅広い活動を行なっている。

2009年、8月リットーミュージック社よりギタームック

2010年3月、アコースティックカヴァーアルバム「My Favorite Songs」をリリースし自身のシンガーとして影響を受けたアーティストを取り上げつつ、セルフカヴァーも数曲行い音楽性の幅広さを改めて認識させる。

7月には超絶ギタリスト養成ギプスシリーズ第2弾となる「孤高のクラシック名曲編」をリリース、ギターを始めたころから親しんでいたクラシック音楽を自分流にアレンジした課題曲で改めてギターテクニックのみならずアレンジ構成力を高く評価される。

12月超絶ギタリスト養成ギプスシリーズ第3弾としてDVD付きの「天下無双の教速DVD編」をリリース。今まで謎だった超絶プレイが映像で見せつける事によりさらなる衝撃を与えた作品となった。

2011年1月15日、東京キネマ倶楽部にて復活のワンマンライブを行う。これを気に4月に上京、以降楽器店セミナーやプライヴェートレッスンを充実させながらもライブ活動と並行して行うようになる。

セミナー・レポート

さぁ、プロフィールから見ても分かるとおり、もの正に超絶ギタリストなのです!
そんなケリーさんによるギターセミナー、結論から言うと度肝を抜かれました!

少年スタッフを引き連れて登場したケリーさん。
その凄まじいオーラといったら!
しかし、そんなオーラと裏腹に気さく(関西弁)でユーモアのあるMCに会場は一気に和みます。そして、ギター1本で演奏に入るのですが、そのギャップがまたシビれるんです!
超絶ギタリスト養成ギプス教則本で見ていた、あのタブで埋め尽くされた譜面が目の前で再現されていく様は圧巻の一言。指板上を自由に行き来するケリーさんのゴッドハンドは音速並みに早いんですが、それでいてとても”ゆったり”しているんです!矛盾しまくりの表現ですが、そんな感じなのです!

画像

画像

画像

終始、笑いもこぼれる曲間のMCを挟んでからはQ&Aコーナーもありました。
観覧のお客様のひとりからの「プロを目指しているのですが...」という質問に対しては、ケリーさんが帰国してからの音楽活動のこと、アルバイトをしていたときのこと、そして最後はコンタクトレンズの話題で締めくくるという(笑)ケリーさん節を聞かせてくれました!
ユーモアの中に鋭いプロ哲学を感じますね!

5

4

6

最後は13分連続でギターを弾きたおすという圧巻の離れ業を見せてくれたケリーさん。
演奏にはかなりの集中力と体力を要するというケリーさんでしたが、演奏終了後も疲れた顔ひとつせずお客様へサービスをふりまいていただきました。
そんな姿を見て、私も気づけばケリーさんのCDを自費購入、サインまでもらってしまいました!

またいつか、春日部店でセミナーをしていただきたいと心から思える演奏でした。
見に来ていただいた方、誠にありがとうございます。
これからも皆様に喜ばれるイベントを企画していきますので、よろしくお願いいたします!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.